北海道ではとうもろこしのことを「とうきび」と呼びます。
なので「とうきビアガーデン」とおいしいトウモロコシを
味わいながらビールを楽しむというイベントです。

どのようなとうきびとビールがあるのかなど、
このイベントについて調べてみました。

スポンサーリンク

とうきビアガーデンとは

北海道星野リゾート・トマムとうきビアガーデンは、
7月から8月の夏限定で開催されるイベントで、
2021年は7月1日から8月31日の開催となっています。

とうきビアガーデンは名前の通り、
夏の北海道でとうきびをオリジナルフレーバーと
厳選されたビールで楽しめるイベントです。

とうきびの味、フレーバーの種類

2021年のオリジナルフレーバーには
爽やかなバジルペーストとナッツのジェノベーゼ、
クリーミーで甘さが引き立つシチュー、
香ばしい定番の醤油バターなどが挙げられます。

また山わさびとサワークリームのサーモン、
ガーリックオイルとケイジャンパウダー、
パクチーが特徴のカレーもあります。

他にもチーズバターとメイプルシナモンが用意されますから、
甘い味から辛い味まで、変化を付けながら北海道のとうきびが味わえます。

このように、とうきびだけでも楽しめるのがとうきビアガーデンの魅力で、
当然ながらフレーバーによる味の違いや変化もまた楽しみ方の1つです。

夏の北海道は日照時間が長い上に、昼と夜の寒暖差が大きいことから、
とうきびは甘みを凝縮して美味しさを増します。

つまり夏はとうきびを味わう絶好の季節で、
北海道の採れたてが味わえるチャンスです。

ちなみに北海道の生産量は全国1位を誇りますから、
美味しくて人気があるのも頷けます。

スポンサーリンク

どんなビールが用意されているの?

とうきビアガーデンは
ビールも一緒に味わうのが目的で楽しみ方の1つでもありますから、
とうきびに合う厳選されたビールが用意されます。

2021年は3種類のクラフトビールが登場で、
トマムピルスナーとトマムアンバーエール、
トマムブラックエールが訪れる人を楽しませてくれます。

トマムピルスナーは黄金色とのどごしや香り豊かなホップ、
トマムアンバーエールは甘みと苦味のフルーティーな香味、
トマムブラックエールは苦味を抑えた風味とコクが特徴です。

とうきビアガーデンへのアクセス方法

とうきビアガーデンの場所はホタルストリート内のcafe&barつきの、
アクセス方法は新千歳空港駅からJR快速エアポート、
南千歳駅で特急に乗り換え約70分でトマム駅です。

車も同様に新千歳空港駅からスタートで、
道央圏連絡道路から千歳東I.C.を経て道東道を通り、
トマムI.C.から一般道で北海道星野リゾート・トマムへと向かいます。

札幌からはJR特急とかち・JR特急おおぞらでトマム駅まで約100分、
車だと国道5号から札樽道、道央道に道東道を抜けて
トマムI.C.から道道136号を通り約2時間です。

駐車場も無料で利用できてなんと1500台も収容できるので
車でも結構余裕ではないかと思います。

感染対策は大丈夫なのか?

感染対策は各場所での消毒や入店規制、入店時間の分散化や換気、
そして混雑予測サービスの提供などの3密回避が万全です。

スタッフも健康と衛生面の管理徹底が行き届いているので、
高い感染対策意識による安心感があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事