友達いない社会人の割合|ボッチのライフスタイル

最近は、友達がいない社会人の割合が増えている傾向があります。

特に若い世代はインターネットの影響もあり、
何か悩み事があった場合でも人に相談するよりも

インターネットで調べたりして自分自身で解決すると言う人も増えており、
またそれでほとんどの問題が解決するので
苦にならないと感じている人が多いようです。

加えてSNSの普及により様々な人と
インターネットを通じてコミュニケーションを図ることができるので、
あえて友達を作って煩わしい時間を過ごす
必要がないと考えている人が増えているのです。

スポンサーリンク

SNSがあるから寂しくない

従来は友達がいないと非常に寂しいだろうと言う考え方が主流であり、
また人間性が疑われてしまうと言う面も少なくありませんでした。

人生のイベントがあっても集まってくれる仲間がいなかったり、
また気軽に話を聞いてくれる相手がいない事は
非常に寂しいものであると言う考え方が主流だったのです。

しかしそれも現代では大きく様変わりしており、
SNSが気軽に利用できるような環境になったことで、

不特定多数の人と様々な会話をすることが
できるようになっているため不特定多数の人と
様々な会話をすることができるようになっているため、
あまり寂しさを感じないと言う人が増えてきました。

SNSの魅力

またSNSは基本的に匿名でも投稿することができるので、
自分の言いたいことを言いたいように発言することが可能です。

近年ではそのために様々な社会的な問題が生まれることにもなっており、
注意をしなければならないと思われていますが、

以前のように相手を気遣って言いたいことが
言えないと言う人にとっては自由に発言できる場所でもあるため、
非常に魅力的なものとなっているのです。

スポンサーリンク

現代のワークスタイルの影響

加えて特に社会人の場合には自分の仕事が忙しく、
なかなか友達を作っている暇がありません。

仕事の進め方も従来に比べて大きく様変わりし、
パソコンなどを利用して1人で進めることが多くなってきたことも、
友達がいない社会人の割合が増える要因となっています。

友達がいないライフスタイル

友達がいない社会人のライフスタイルは、
仲間がたくさんいる人に比べると非常に
寂しいものであると思われることも少なくありません。

しかしほとんどの人が自分の時間を
自分だけのために有効に利用できると考えており、
そのために非常に楽しい人生を謳歌していると
感じている人も多いのが実態です。

周囲からは非常に寂しそうだと思われていても、
意外とそのライフスタイルは充実していることが多いのが特徴です。

そのため周囲が心配するほど困っていない人が多いのが実態です。

スポンサーリンク
おすすめの記事