山田涼介のストイックなところを暴露!鋼の錬金術師の完結編二部作のエドの役作り!
スポンサーリンク

Hey! Say! JUMPの山田涼介が

実写版「鋼の錬金術師の完結編最後の錬成」の

上映会舞台あいさつがありました。

その中で役作りのため筋トレで体重が

48キロから63キロまで増えたことを言ってました。

どんだけストイックなんやと思いませんか?

スポンサーリンク

エドのような身体つくりとアクションの研究

山田涼介(山ちゃん)は今年の誕生日で5月9日で

29歳(2022年現在)になります。

鋼の錬金術師の主人公は

エドこと「エドワード・エルリックEdward Elric)」ですが

エドは設定としては10代という若さなんですね。

だから若作りが必要だということ。

最後の錬成で最後、自分と戦うという二役の場面は

実は裸だという!

バキバキな身体をしている原作でのエドを無視するわけには

いかないってんで、肉体改造を迫られるわけなんです。

そこで先輩である岡田准一さんに相談すれば

パーソナルなトレーナーを紹介していただけるのを

知っていたので即相談してもらったとのこと。

岡田さんには「マジで地獄だよ!」と念を押されるも

厳しいほど良いとトレーニングを開始!

週に4~5回、仕事の合間に半年間続けたそうです。

岡田さんが言うようにほんとに地獄のトレーニングだったようです。

それで見事、体重が48キロから63キロになるまでに

肉体を改造したわけです。

あと、アニメの動きをできるだけ再現するために

エドの走り方、蹴り方などを研究し、

撮影現場でエドに近づけるように再現を繰り返す

ということをしていたそうですね。

「鋼の錬金術師の完結編最後の錬成」の予告動画

予告動画がたくさんありすぎて

いかの3つにしぼりました。

アニメの実写版となると賛否両論が必ず起こるのですが

これらを見る限り

ビジュアルの再現度がものすごく高いですね。

スポンサーリンク

舞台挨拶付き完成披露試写会

これは2022/05/17に行われた

『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』舞台挨拶付き完成披露試写会です。

各役者さんにインタビューされてます。

おすすめの記事