【全盛期の動画】2022年の「ロックの殿堂」入りしたアーティストを紹介!

2022年の「ロックの殿堂」入りしたアーティストが

7組発表されました。

この記事ではロックの殿堂入に選ばれたアーティストたちが

全盛期はどんな感じだったのか

動画(ミュージックビデオ)でわかりやすく紹介しています。

今回「ロックの殿堂」入に選ばれた7組

2022年の「ロックの殿堂」入りしたアーティストは以下の7組です。

・パット・ベネター

・デュラン・デュラン

・ユーリズミックス

・カーリー・サイモン

・エミネム

・ドリー・パートン

・ライオネル・リッチー

殆どが70年代、80年代が黄金時代だった方たちですね。

この時代に洋楽が好きだった方々はほぼ知っている名前では

ないでしょうか。

ロックの殿堂入りした7組の黄金時代(動画)

1・パット・ベネター(pat benatar)

1979年にアルバム「真夜中の恋人達 - In the Heat of the Night 」でデビュー!

ハートブレイカーが大ヒットしていきなりロックスターへ!

その後のアルバムもロック、ポップ・ロックで好調に売れてました。

2・デュラン・デュラン(Duran Duran)

1981年にレビューして1982年のセカンドアルバムに入っている

「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ-Hungry like the Wolf」が大ヒット!

彼らの代表曲ですね。

3・ユーリズミックス((Eurythmics

1981年にデビュー、

1983年に「スウィートドリームス」が全米1位を獲得する大ヒット

4・カーリー・サイモン(Carly Simon)

1971年にシンガーソングライターとしてデビュー

3枚目のアルバム「ノーシークレット」に収録されている

うつろな愛 (You're So Vain) 」が大ヒット

この当時はミュージックビデオを作っておらずなんと

40年後の2012年に作られています。

なのでちょっとおばさんになってますね。

5・エミネム

1999年にデビューしてます。ヒップホップ・ラップですね。

代表曲はこの曲です。「ルーズユアセルフ」

6・ドリー・パートン

1967年にデビューしたカントリー歌手です。

1974年の「ジョリーン」が大ヒット

この曲「9 to 5 」もかなり有名ですね。

7・ライオネル・リッチー

ライオネル・リッチーはポップ・ファンクバンド

「コモドアーズ(The Commodores)」時代から知らないといけません。

なぜならコモドアーズ時代の功績も大きいからです。

コモドアーズは1974年にデビューして数々のヒット曲を

飛ばしましたがこの曲が代表作ですね。

「イージー」(easy)です。

ライオネル・リッチーは1982年、コモドアーズを脱退し

ソロ活動をか始めます。

ソロ活動を始めてもヒット曲の連発は収まりませんでした。

代表作はこれですね。

1983 年の「オールナイトロング」(all night long)です。

以上で2022年の「ロックの殿堂」に選ばれた7組を紹介しました。

彼らをリアルタイムで聴いていた世代はほぼ知っている

アーティストではないですか。

スポンサーリンク

あとがき

ということでロックの殿堂に選ばれたアーティストを見れば

「そうだね、ふさわしい人たちだね!」

と納得いかれたと思います。

皆さんかなり年もとってきてますが

彼らの曲に私達の思い出も詰まっているので曲を聴くと

懐かしさがこみあげてきますね。

ほんとにありがとうと言いたいです。

おすすめの記事