広島県の高校生が考案!オオサンショウウオこんにゃくが通販で!

上のオオサンショウウオは本物ですが
これそっくりのコンニャクがあるのをご存知でしょうか。

広島県の女子高生が考案したオオサンショウウオこんにゃくが
Twitterで紹介されて話題になっていたんですが、

このキモかわいいコンニャクはいま通販で買えます。

どんないきさつでこの商品が生まれたのか興味深いです。

スポンサーリンク

ズバリ!どこのネット通販なのか。

広島県は遠いのでわざわざ買いに行けないので
ネットで販売しているのであれば速攻買います。

という方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

楽天やアマゾンなどの大手の通販サイトでは取り扱っていませんでした。

唯一ネットで販売している会社を発見できました。

フジトシ食品です。

広島県にあるコンニャクを製造している会社です。

このようにほんものそっくりのコンニャクです。

商品名は【数量限定】地元の高校生とのコラボ商品!
「オオサンショウウオこんにゃく(小)」となっております。

価格は税込み216円です。

注文は3つからとなっています。

オオサンショウウオこんにゃくが生まれたいきさつ

なぜ女子高校生がこの商品を考案したのか気になりますね。

この女子生徒たちは広島県立湯来南(ゆきみなみ)高校の生徒で
家庭クラブで湯来町を町おこしするために特産品を作るというのがきっかけです。

湯来町の特産品の一つであるこんにゃくをアレンジするという案が出ました。

ある時、科学部の生徒がオオサンショウウオの研究のため
安佐動物公園に見学に家庭クラブの生徒も同行したときに

オオサンショウウオを実際にみた生徒から
こんにゃくとコラボさせたら良いのではないかという

意見が出たのがきっかけとなったようです。

スポンサーリンク

商品化までの流れ

フジトシ食品というところで作ってもらうことになったようです。

試作品では
「イカスミ入りコンニャク」「子持ちのコンニャク」「普通コンニャク」
の3種類ですがイカスミ入りコンニャクはちょっとリアルすぎていかん
ということでナシになったようです。

結局は子持ちコンニャクのほうがオオサンショウウオっぽいということで
決定してさらにこだわって海藻の粉を入れてカラーを濃くしているようです。

最後にパッキングはだし汁と一緒に入れて泳いでもらうという
アイデアが採用されたようです。

まとめ

「オオサンショウウオが泳ぐお吸い物」と
オオサンショウウオこんにゃくが入った「炊き込みご飯が」
あるそうですが、食べてみたいですね。

私が思うにはオオサンショウウオこんにゃくの
アイデアがピンと来たのは
オオサンショウウオの皮膚感というか体の感じが
こんにゃくに似ていたからじゃないかと思っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事