【動画】大谷翔平がストーリー選手にデッドボールを与え謝罪する|アンリトンルール?

大谷翔平は26日のロッキーズ戦でトレバー・ストーリー内野手(28)に

デッドボール(死球)を与えてしまい、ストーリー選手に歩み寄って

謝罪していました。

大谷選手にとってアンリトンルールは関係ないようです。

それにしてもストーリーという名前、「小説かよ!」って突っ込みたくなる名前ですね!!

スペルも本当に「STORY」なのですかあら!

スポンサーリンク

「動画」大谷選手がストーリー選手に誤っている様子

26日のロッキーズ戦の4回、

左手甲に死球が直撃 痛みに悶絶中もしきりに心配そうな視線を向けて

4回にロッキーズの4番トレバー・ストーリー選手に死球を与えてしまいました。

そのデッドボールでストーリー選手の左手甲に当たり、

悶絶するほどの痛みだったようです。

デッドボールの瞬間と大谷が誤っている動画です。

大谷選手がストーリー選手に歩み寄って「sorry(ゴメン)」と言ったあとに

ストーリー選手は軽く左手を上げて「大丈夫だ!」と答えているように見えます。

大谷選手にとってアンリトンルールは要らない?

大谷選手のようなすごいピッチャーでもたまには「すっぽぬける」ものです。

大谷選手はスポーツマンシップあふれる紳士的なピッチャーだし

故意に当てるようなことは見られることはないでしょう!!

 

しかしメジャーリーグには「アンリトンルール」という暗黙のルールがあって

「真剣に勝負に挑んだ結果に誤ってはいけない」みたいな感じのルールです。

 

謝る文化が根づいている日本人からしたら

「へ~~、謝らないで大丈夫なの?」って声が

聞こえてきそうですよね!

 

大谷選手がアンリトンルールを知っているのか、知らないのかは

わかりませんが、当ててしまった選手に歩み寄ってまで謝罪したい

という心からの意思表示が気持ちいいですよね。

 

スポンサーリンク

ストーリー選手その後のコメント

ストーリー選手が死球があった翌日、

大谷投手が謝罪したことについてコメントしてます。

トレバー・ストーリー選手

「Sorryと言ってきたんだ。それだけだよ。僕が一塁についた時に、こっちを見て謝っている感じだった。イニング終わりにも言ってきたよ。粋な振る舞いだった」

「うれしいこと。彼自身も毎日プレーし、死球を受けるような状況を経験している。相手から気に掛けてもらえるというのは、クールなことだ。謝罪は絶対必要なことではないけれど、してもらうとうれしい」

このようにストーリー選手も紳士でスポーツマンシップで良かったですね。
スポンサーリンク
おすすめの記事