ムーミンは日本では有名なアニメですが

実は原作者はフィンランド人だということをご存知だったでしょうか?

今、日本で原作者の原画などの展示会が開催されています。

スポンサーリンク

特別展ムーミンコミックス展とは

ひろしま美術館では、2021年7月17日(土)より9月5日(日)まで
特別展ムーミンコミックス展を開催しています。

日本で制作されたアニメが人気ですが、
原作者であるトーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン姉弟が
つくりだしたムーミン・コミックスの原画や設定資料などを
本邦初公開する貴重な展覧会です。

ひろしま美術館へのアクセス方法

市内電車を利用する場合

ひろしま美術館は広島市中区にあり、

広島県庁や広島市民病院といった施設などにも近いです、
アクセス方法はというと市内電車を利用する人であれば、
紙屋町東で下車をして鯉城通りを300メートルほど広島城に向かって
歩くとたどり着けます。

広島観光ループバスを利用する場合

広島観光ループバスを利用するときには、
鯉城通りの広島市民病院側にひろしま美術館前(市民病院前)という
停留場がありますから、そこを降りればすぐに行けます。

遠くから来る場合

遠方からムーミン・コミックス展のために
ひろしま美術館を目指すならば、
紙屋町交差点の角にある広島バスセンターまで行って、
そこから鯉城通りを広島城に向かって歩いていけば辿り着けます。

飛行機で行くなら

県外から飛行機で行くときも、
広島空港からリムジンバスで広島バスセンターまで行けるので、後は同じです。

車で来る方は

自家用車を利用するときには、
ひろしま美術館の駐車場は2020年4月1日より
障害者専用駐車場6台分だけになります。

したがって身体・精神・知的障害など対象となる人以外で、
自家用車で行きたいというならば、近隣の駐車場を探さなければいけません。

近隣の駐車場はどこにあるのかというと、
ひろしま美術館の道路を挟んで向かいにある
テニスコートそばの広島市中央駐車場、
隣にある建物の基町クレドパーキング、
同じ区画の広島センタービル駐車場などがあります。

それぞれに収容台数や駐車料金が異なるので、
混雑具合や駐車する予定の時間を基準に選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

近隣のおすすめの美味しい店

ムーミンコミックス展を見に行くならば、
時間帯によっては食事も一緒に頼みたいところです。

そこで知っておきたい美味しいお店ですが、
まずひろしま美術館内には、CafeJardinというレストランがあります。

広島に旗艦店があり全国的に展開している
パンのアンデルセンが協力をしているお店です。

美しい自然を眺めつつ、サンドイッチやプレートランチ、
場合によっては特別展に合わせた料理を堪能できます。

普段とはちょっと違うものを食べたいならば、
ベトナム料理のお店ベトナミーズカフェミスホアが
NTT基町クレドビルにあります。

店内のエキゾチックな雰囲気とともに
生春巻きやフォーなどベトナムらしい美味しい料理を注文してみましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事