【当選確定?】石丸伸二、東京都知事選はどうなる?出馬を表明、当選できるか?!

2024年5月17日

広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41歳)は

7月の東京都知事選に立候補することを表明しました。

正義感あふれる政治家というイメージがユーチューブで拝見でき、

クリーンな政治を期待させてくれる石丸伸二さん

ファンが多いのではないかという印象です。

東京都知事選でははたしてどうなるのか。

スポンサーリンク

石丸伸二は東京都知事選はどうなる?

石丸伸二さんに東京都知事になってほしいという声は

たくさんあります。

石丸伸二の当選が難しい壁

大きく期待されておる石丸伸二の当選ですが

まず、大きな壁がありそうです。

それはJX通信社 代表取締役報告の米重克洋さんが以下のようにコメントしてます。

補足

戦後公選都知事には下記の共通する"法則"がある。

①現職が再選出馬して落選したことはない

②他地域の公選首長経験者が出馬して当選したことはない

③都議会議員や都下の首長経験者が出馬して当選したこともない

域内の首長経験者や官僚出身者が多く、時に現職も落選する他県の知事とは随分異なる。こうした過去の歴史は、単なる共通項ではなく、1000万人以上の有権者が投票できる「日本最大の直接選挙」たる都知事選だからこそ再現している特徴だ。当選には高い知名度だけでなく、東京都民の共感・支持の連動が必須となる。 石丸市長には②が該当するほか、小池知事も出馬すれば①の"法則"も試されることになるが、YouTubeを中心に築いた知名度を活かしてどこまで善戦できるか注目したい。

引用元:ヤフーニュースのコメントより

上記のように戦後公選都知事には共通する"法則"があるということで

石丸伸二さんには大変厳しい"法則"という壁ですが。

どのように勝算を組み立てていけばよいでしょうか!

かなりの人気をユーチューブで獲得しているように見受けられますが

実際のところはわからないものです。

さらにこんな厳しい意見も

・注目度の高さが有る様に見えますが、ネットでの支持率と実際の投票では乖離が見られるケースも少なくはなく、政党に所属していない石丸市長では組織票も期待出来ないので、かなり厳しい戦いとなる予感がします

石丸伸二にはポジティブな期待が多い

石丸伸二さんにはハードな都知事選になりそうですが

国民はどう思っているんでしょうか!

最近のトップの政治家たちには世間からは不満の声が目立ちますが

石丸伸二さんにはかなりポジティブな印象がひろがっているような感じが

ネット上のコメントからたくさん窺われます。

石丸伸二さんに好感を持っている都民の数は未知数ですが

ネット上での石丸伸二さんを応援する多数の声を聞けば

「戦後公選都知事には下記の共通する"法則"」などは

もはや石丸伸二さんには当てはまるものではないんじゃないかと

思っている自分ですが、いかがでしょうか?

石丸伸二さんのプロフィール

石丸 伸二(いしまる しんじ)

生年月日:1982年8月12日(41歳)

出身地:広島県高田郡吉田町(現:安芸高田市)

出身大学:京都大学経済学部

前職:三菱UFJ銀行行員

所属政党:無所属

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事