友人の親が亡くなった場合のお悔やみの言葉は?【伝え方】

友人の親が亡くなった場合、お悔やみを伝えたらいいのかどうか、
判断に迷う人は少なくありません。

現在まだそのような状況になっていなくても、将来そうなる可能性はあります。

そのため、状況に応じて適切な言葉を伝えられるように、
前もって知識を得ておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

誠実に伝える

訃報の連絡が電話やメールなどで入ってきた場合、
あるいは直接会った時に亡くなったことを伝えられた場合に、
相手へかけることを前提とした言葉がお悔やみとなります。

相手に失礼にならないよう、
また相手の悲しみを尊重するために短くとも
誠実にいたわりや哀悼を伝えられるようにすることが必要です。

長年親しかった友人の大切な親が亡くなったというときに、
元気づけたいと考えることは自然な感情といえます。

大切なのは相手への思いやりを簡潔に、
誠実に伝えられるようにすることです。

伝える内容

ただし、年齢によっては伝える内容を多少変えたほうがいい場合もあるため、
注意してください。

長年闘病の末の訃報である場合などには、
看病などの努力も理解することが必要となるでしょう。

お通夜や告別式に参列するのか、
メールなどで訃報を受け取ったのかによっても多少内容は変わります。

たとえば、メールやSNSなどで訃報を受け取った場合、
「つらい時に知らせてくれてありがとう。
何ができることがあればぜひ言ってほしい」
といった内容を返すだけでも、十分思いは伝わります。

お通夜や告別式の準備がある中にメールなどで
伝えてくれたことをいたわる気持ちは、必ず伝えてください。

スポンサーリンク

電話などの場合

電話などでも相手が伝えてくれたことに感謝し、
お悔やみ申し上げますと伝えたほうがいいでしょう。

ただし、電話などの場合は、相手と仲がよければよいほど、
直接行ったほうがいいかどうか確認してください。

相手がそっとしておいてほしいと思うこともあるため、
必ず確認を取るようにしましょう。

お通夜や告別式

お通夜や告別式に参列する場合には、
受付で儀礼的な内容を伝えるだけで問題ありません。

声をかけることで、相手がかえってつらくなってしまう可能性もあるからです。

立っているのもやっとといった場合もあるため、
会話を短くしてそっとしておいたほうがいいでしょう。

注意すること

相手に伝えるときに注意するべきポイントとしては、
忌み言葉や宗教関係での用語の違いを理解しておくことです。

「ご冥福を申し上げます」の場合は、仏教徒であれば問題ありませんが、
キリスト教や神道だった場合はかえって失礼です。

また、仏教徒の中でも浄土真宗の場合は、
協議によって失礼と判断される言葉であるため、避けてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事