悩み事が頭から離れない毎日から解放される【生き方を伝授】します

多くの人が悩み事が頭から離れないことに悩んだ経験をお持ちのことでしょう。

確かに悩むことも大切なことです。
でも、その結果ネガティブな気持ちに常に陥ってしまうことは、
限りある時間を生きている私たちにとってとても勿体ないことです。

そこでここでは、
そんな悩み事が頭から離れなくないことに困っている人に
そんな毎日から解放される生き方を伝授します。

スポンサーリンク

悩みを抽象化する

そもそも悩みが頭から離れない人は、
臆病になって何もできずただただ立ち止まっていること多いです。

一方で、その悩みを解決できるのは結局その問題と
向き合っている自分以外にはいません。

そのため、そのようなただただ動け居ない状況に陥ってしまった時には、
まずはその悩みを抽象化しましょう。

そう言われてもイマイチどうしたら良いかぴんと来ない人が多いかもしれませんが、
抽象化というのはできるだけ自分が抱えている悩みを
第三者目線でとらえて冷静にその本質に注目することを意味します。

これは、自分で自分のことを考えている限りどこか
自分を甘やかす気持ちが生まれてしまうことに由来します。

自分のことを可愛いあるいは可哀そうと思う気持ちが悪いわけではないですが、
そう思うばかりで立ち止まっているだけでは状況は何も変わりません。

そのため、少し冷静になるためにも第三者目線を意識して
自分の悩み事をまずは見つめなおしてみましょう。

その意識の持ち方を変えるだけで、原因が一気に明確になるかもしれません。

紙に書いてみる

なお、その抽象化の際には思いついたことをすべて紙に書きだしてみてください。

また、その紙は誰かに見せるものではありません。

そのため、その作成時には恥ずかしがることなくすべて書き出すことが重要です。

ここまででそのすべてを書き出せたら、
解決策が思いつくものも多々ある派です。

そのような場合はすぐに消化していきましょう。

スポンサーリンク

誰かに聞いてもらう

また、誰かに聞いてもらってスッキリできそうなら実際に相談してみるのも良いでしょう。

あるいは、知人に相談することに抵抗があるなら
匿名でSNSにその悩み事を発信するのも良いかもしれません。

少なくともうつむいてただただ黙っているだけでは状況は変わりません。

何かしら行動を起こしましょう。

乗り越える経験

さらに、今自分が抱えている悩み事を乗り越えることができたら自分は成長できる、
ポジティブに言うとこの状況はチャンスであるという気持ちをもつことも重要です。

大変な経験をしたことがない人には大変な人の気持ちを理解することができません。

その経験は必ず財産になります。

成長の機会にしていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事