【子供が短気】を治す方法ってあるんでしょうか?

 

子供と接しているときに、
少しのことで怒りだし手がつけられなくなって
しまうなどの事があるかもしれません。

小さいから仕方がないと思うかもしれませんが、
あまりにも怒りっぽい場合には、
わが子は大丈夫なのだろうかと心配になってしまう親も多いことでしょう。

子供が短気を治す方法はないものかと悩んでいるのであれば、
治す方法があればそれを試してみたいと思う人も多いかもしれません。

スポンサーリンク

子供が短気の理由

そもそもなぜ短気になるのかというと、
それには様々な理由があるでしょう。

自分の感情をうまく言葉で表現できなかったり、
小学校などの生活環境においてストレスがたまっている、
小学校低学年ぐらいの年齢にみられる中間反抗期や、
自己肯定感が低いなどのことが挙げられます。

そのほかにも親が怒りっぽい場合には、
それが鏡となって映っていることも多いでしょう。

このように子供なりに様々な理由があることがわかりますが、
これらを踏まえたうえで、
子供に対して冷静に対処していくことが求められます。

理由を聞く前にすること

子供 短気を治す方法のまず一つ目の対処法としては、
怒りがおさまるまで待つ方法です。

怒っているときには頭に血がのぼっている状態で、
このようなときに何を言っても頭に入ることはありません。

そのためまずは落ち着かせることが何よりも重要です。
静かな場所に移動させたり、
ぎゅっと抱きしめてあげるなどの方法でもよいでしょう。

まずは気持ちを落ち着かせることを意識しましょう。
そして落ちついて話ができる状態まで来たら、
なぜそのような状態になったのか理由をしっかりと聞くことが大切です。

スポンサーリンク

怒っている理由

もしかするとその理由は、
大人からすればそんなことなのかと思うことかもしれません。

しかしそれは子供にとっては非常に重要な問題です。

決してその理由を否定するのではなく、
最後までしっかりと話を聞いてあげるようにしましょう。

 

一緒になって解決していく

理由を聞くことができたら、
次に一緒にそれを解決できる方法を考えていきます。

どうすれば自分の気持ちを冷静に表現することができるのか、
その方法を考えてみます。

また親がどう思っているのかをしっかり伝えることも大切です。

一緒になって怒るのではなく、なぜ怒っているのか聞かせてほしい、
ものにあたっているのであればとても悲しいなどというように、
自分の思いをしっかりと伝えます。

自分は親に信頼されていることを認識してもらう

これにより大切なお父さんやお母さんのことを
悲しませていたり困らせていることが分かり、
何とかしなくてはならないという気持ちがわいてくるかもしれません。

また自分に自信を持たせることも重要です。
誰かに何かを言われたとしても、
自分に自信があれば気にせずに済むことでしょう。

親に愛されていることを実感することにより、
子供は大きな自信につながっていくことでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事