冬なのになんで足が臭いんやろう!原因は何?対策あるんかいな?

えっ? 待てよ! 今、冬じゃん!

なんで足臭いん? しかも、けっこう匂うし!

夏の間は確か臭くなかったぞ! なんでだろ!

と、感じたことはないでしょうか?不思議ですよね!
夏のほうが暑いから足が蒸れるはずだしな~~?

冬は汗かかないはずだし!

ということで足は年中臭いですよという方と
冬のほうが臭いですね~という方がいるようで様々です。

なので、冬に足が臭い原因とニオイ対策はないかチェックしました。

スポンサーリンク

冬も足が臭くなる原因

季節に関わらず、足が匂う原因はやはり「汗をかく」「蒸れる」ですよね。

それをそのままにしておくと、結局、高温多湿になって
いろんな臭い成分が発生するわけです。

夏ならわかりますよね、そりゃ暑いわけですからおのずと
汗かいて蒸れるってわけですよ。

でも冬のほうが夏よりも臭いという人がいるというんで
冬に足が臭くなる理由は、何なんでしょうか?

それは、暑さ対策、寒さ対策にあります。

どういうことかというと、

夏は暑いから靴下を履いている足、靴を履いている足って
感覚的に言って蒸れ蒸れ感が半端ないじゃないですか。

だから対策として通気性のいい靴下や靴を履いたり、休憩時間に脱いで足を蒸れから
解放させたりしてますよね。仕事以外では靴下は履かずに外ではサンダル
家では裸足という過ごし方のほうが多いかと思います。

なので足が蒸れている時間も長くないし、蒸れ対策もしているから
夏場は足が臭いのはある程度防いでいるということです。

まあ、当然ですけれども夏場に足が臭くない方っていうのは
暑さ対策、蒸れ対策ができる環境にいるというわけです。

では問題の冬なんですが

なぜ、冬の寒さ対策が冬の足の臭いを作り出しているのか!

それは、「冬は寒いので防寒してるから。」なんです。

冬になるとマフラーや手袋といったような防寒グッズを
身に着けるのですが、足元も同様にブーツや冬用の靴下などを
履きますよね。

そうすると暖かくなって防寒の目的が果たせるのですが
実は足の裏は驚いたことに 汗をかきやすいパーツなので
冬でも蒸れてしまうんです。

防寒用の熱を逃がさない気密性が高い履物だから蒸れ方が
半端ないんですね。

しかも外にいる間は寒いから履きっぱなしなので
当然蒸れっぱなしということになるんです。

そうなると臭いの原因になっている常在菌の活性化がますます
活発になるわけですから臭い発生の悪循環に陥るんです。

冬に足の臭いを防止する方法

冬に足の臭いを防ぐ方法を箇条書きにします。

・靴を脱ぐタイミングがあればできる限り脱いで蒸れを発散させる。
足を清潔に保つために指の間までしっかりと洗ってよく拭く。
・入浴時に足の角質をしっかりと落とす。
・靴の中に重曹を入れる。
・重曹で足にすりこむだけで臭いが取れる。
・靴を天日干しする。
・五本指ソックスを履いて指の間の汗を吸湿する。
・中敷は汗を吸いこんでいるのでこまめに取り替える。
・可能であれば靴をローテーションにする。

などです。

要するにポイントとしては
「足」「靴」「靴下」を
・清潔に保つ
・水分、湿気からまもる
ということです。

足の角質を落とす必要があるのは角質が匂いの元になる
成分のエサになっているからです。

なので入浴時などでできるだけ落としておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

これまで読んでいただいて冬に足が臭くなる謎が解けたでしょうか!?
参考にしていただければ嬉しいです。

冬にも足は蒸れるということが新しい発見で驚きでしたよね!

ならば夏の時のように蒸れ対策をすればにおいケアが
できるということですが、冬は冬なりの対策がいろいろとあって
多少めんどくさいかと思いますが、今度の冬は臭くない足で過ごしたいですね!

他にも
・清潔に保つ
・水分、湿気からまもる
ということに関して自分なりに工夫して対策を
考えるというのも有りだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事