となりのチカラの主題曲は上原ひろみさんが「上を向いて歩こう」をジャズアレンジで!
スポンサーリンク

松本潤(マツジュン)主演の木曜ドラマ

となりのチカラ」 (午後9時放送) が

1月20日から始まります。

気になる主題曲も発表されています。

それは「上を向いて歩こう」という曲です。

かなり前の大ヒット曲ですが

原曲ではなくピアノでジャズアレンジされた

歌のない

インストルメンタル曲となっています。

どういった曲なのか?

誰が演奏してるの?

ていうところをお伝えします。

スポンサーリンク

主題歌「上を向いて歩こう」について

この曲はめちゃくちゃ古い曲なんですが

1963年に発表された坂本九さんの曲です。

この曲は全米ビルボード1位を獲得する

大ヒット曲でした。

日本人ならこの歌、聴いたことが

ないっていう人はいないんじゃないかと

思うんですけどもどうでしょうか?

とてもいい歌ですよね!

ジャズピアノヴァージョンの 「上を向いて歩こう」

そして今回ドラマ「となりのチカラ」では

ジャズ・ピアニストの上原ひろみさんの

ジャズアレンジによるピアノ演奏でして

ボーカルのないインストゥメンタル曲です。

それでは聴いてみましょう。

いかがでしたか?

雰囲気がガラッと変わりましたね!

カフェとかで流れそうな感じ!

そしてしかも嬉しいことに

毎話、つまり1話、2話、、、、と

毎話ごとにアレンジを変えて

放送するそうなので楽しみですね!

ピアノを演奏してる人は

ジャズピアニストの上原ひろみさんです。

スポンサーリンク

ジャズピアニストの上原ひろみ

演奏者は名前で分かるとおり

日本人女性の世界的に有名な

ジャズピアニストです。

プロフィール

出身地:静岡県   

 誕生日:1979年3月26日

    年齢:42歳(2021年現在)

生い立ち

上原ひろみさんは

ピアノを始めたのは6歳のときで

8歳のときにピアノ教師の家で

ジャズのレコードを見つけたことが

きっかけでジャズにのめり込んでしまい

小学生のうちにすでに

ジャズの醍醐味である即効演奏も

こなせるようになるという!

高校は静岡県立浜松北高等学校国際科に入学。

在学中はロックにもハマってしまう

経歴

16歳の時に世界的ジャズピアニストである

チック・コリアの前で演奏する機会に

恵まれ、その演奏力に感銘を受け

なんとチック・コリアは自分の日本公演の

ステージに彼女を上げて共演したという

すごいエピソードがあります。

20歳のときに

バークリー音楽大学への留学

バークリー卒業前に

アメリカのジャズの名門、

テラーク・レコードと契約。

上原ひろみさんのすごすぎる

演奏をご覧あれ!!

あとがき

今回のマツジュン主演の

ドラマ「となりのチカラ」の主題歌について

お伝えしました。

ドラマ主題曲というと普通は

ポップスなどが予想されるんですが

ジャズのインストルメンタル曲

ということが意外でした。

でも、ジャズ演奏の雰囲気も

このドラマ見ていくうちに

自然とフィット感を味わえると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事