【誤審?】大谷翔平、右手首にデッドボールを受けたのになぜ三振?ルールは合ってる?  

エンゼルスは28日のパドレス戦で

大谷選手は第一打席で右手首辺りに150キロのボールが直撃しました。

映像を見ても確実に当たっているので

誰が見てもデッドボールだと確信したこのシーン!

しかし判定は三振でした。

この判定にツイッター上では

「誤審じゃね~の~?」とか

「 差別されてますね! 」「疑惑の判定」などの声が上がってました。

実際はどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

実際の映像を見てみましょう。

大谷選手がデッドボールを受けた動画です。

このようにボールが確実に右手に合ったってますよね!

マドン監督 も審判に抗議しているし判定が

覆されると思いきや覆されませんでした。

審判は自信を持って判定しているようなので。

ルールを調べたら解るんではないかとチェックしました。

デッドボールのルール

映像を見ると大谷選手はどう見ても

打ちに行っていることが確認できます。

ということはここがカギになると思うので

バッターが打ちにいってボールが打者の体に当たった場合

にフォーカスしてルールを調べてみました。

以下は引用記事です

時折バッターが打ちにいって体にボールが当たってしまうことがあります。
この場合はボールゾーンに投球が来ていて、打者が少しでも避けるそぶりがあればデッドボール扱いです。

投球がストライクゾーンを通過しようとしていた場合は、仮に体に当たってもデッドボールにはならず、ストライクです。

また振りにいって、スイング扱いになっていて、ボールが体に当たった場合はデッドボールになりません。
ストライク扱いです。

ただ、実際にプロ野球などでもよくあるのですが、打ちに行った瞬間にボールが体付近にきてしまい、体に当たって、しかもスイングしてしまうことがあります。

そういったときは先に体に当たって、その後にスイングしたとみなされ、デッドボール扱いになることもあります。

mochirogu
スポンサーリンク

怪我の状況、大丈夫?

大谷翔平選手の気になる怪我の状況ですが

続く2打席目から5打席まで打席に立ったので

問題ないのではないかと思われます。

しかし 5打席ノーヒット なので

さすがにデッドボールの影響があるかもしれない

と思ってしまいますよね!

今後の試合に影響が内容に祈りたいです。

マドン監督は インタビューで大谷選手は

検査の結果、異常がないことを明かしていました。

マドン監督は、大谷がX線検査を受けて異常がなかったことを明かし、

3日後の登板について問題はないと思うが、今の時点では言えない

と答えたようで一安心といったところでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事